薄毛治療を早めに受けてフサフサhair│若い髪の毛を取り戻す

ドクター

薄毛の原因

薄毛

ある程度年齢を重ねた男性の場合、頭皮が薄くなってしまうこともあります。薄毛は遺伝なので直せるものではないとして、諦めた人もたくさんいます。男性の頭皮が薄くなる症状はAGAと呼ばれています。AGAという言葉は、テレビCMや雑誌等でも大きく取り上げられており、認知度も高くなってきています。AGAは病院で治療を行なうことが可能です。現在薄毛治療を積極的に取り組んでいる病院もあります。AGAは男性型脱毛症と呼ばれるもので、主に男性に現れる症状です。人によって頭皮の薄くなる進行の度合いや、進行の形などが異なります。日本人で一般的に多いものがO型と呼ばれるものです。頭頂部から丸く薄くなっていくというもので、普段は見えにくい所なので他人から指摘が入り、初めて気がつくという人の多いものです。気がついたらかなり薄くなっていたということも珍しい事ではないので、注意が必要です。また、他に多いパターンとしてA型やU型と呼ばれるものがあります。額の生え際が徐々に後退していくというもので、U型は側頭部と後頭部の一部に髪の毛が残ります。東洋人に多いとされているもので、O型と一緒に併発することもあります。また、こめかみの部分から頭頂部にかけてうすくなっているものをM型といいます。額の方に髪があることから、気がつくのが遅くなることも多く、日本人よりは西洋人に多いと言われているパターンです。薄毛治療は、人によっては進行が急激に進むということもあります。特に複数の型を併発した場合、薄くなるスピードが早くなります。そのため、早めに対策を行なうことが必要になります。

AGAの発生には様々な原因があると言われています。現在、最も大きな原因とされているものが男性ホルモンです。男性ホルモンのなかには、ヘアサイクルを阻害するという働きがあり、髪の毛が成長する前に抜け落ちるというサイクルにしてしまうものがあります。髪の毛が成長する前に抜けてしまうので、地肌が目立ち、薄毛になってしまいます。また、他にも影響を与えているものが、遺伝です。遺伝で頭皮が薄くなる人は、遺伝子に男性ホルモンの働きが強まる素質を持っていることからAGAの影響を受けやすいという事があります。また、他にもストレスが大きな原因となっていることもあります。ストレスを感じると、自律神経の働きが乱れてきます。血流も悪化することにつながり、毛乳頭まで栄養が届かないことから、AGAの進行が早まると言われています。また、食事に偏りがあるという人や、慢性的な睡眠不足、喫煙の習慣があるという人は体の新陳代謝も低下してくることから、頭皮の状態を悪くしてAGAにつながると言われています。薄毛治療を行なう際には、問題点をしっかりと把握することが大切です。一つだけでなく複数の原因が絡んで発症しているということもあります。自分だけでは原因を突き止めることは難しいので、薄毛治療を専門で行なっている病院に相談を行なうことが大切です。

Copyright ©2015 薄毛治療を早めに受けてフサフサhair│若い髪の毛を取り戻す All Rights Reserved.